スポンサーサイト

  • 2010.07.10 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Inner Life / Ain't No Mountain High Enough

Inner Life feat. Jocelyn Brown / Ain't No Mountain High Enough (Larry Levan's Garage Mix)

今回もディスコのヒット曲から。


インナー・ライフも以前に挙げたBlack Ivoryと同じく、NYのディスコ系プロデューサー、パトリック・アダムスの手掛けたプロジェクトです。フィーチャーされているヴォーカリストのJocelyn Brownもこの前に挙げましたね。
この手のディスコ系プロジェクトとしては長期間活動しました。


この曲は60年代のヒット曲
Marvin Gaye & Tammi Terrell / Ain't No Mountain High Enough
のカバーで、他にはダイアナ・ロスのカバーなども知られていますね。



Loleatta Holloway / Love Sensation

Loleatta Holloway / Love Sensation (A Tom Moulton 12" Mix)

今回もディスコ系です。


ロリータ(ロレッタ)・ハラウェイはシカゴ出身のヴォーカリストです。サザン・ソウルに影響された泥臭いバラードなども歌っていますが、主にディスコ系のヒット曲で知られていますね。
また、過去のヒット曲がサンプリングされることも多く、そうしたヒット曲のおかげで今でも現役でハウスの曲などにフィーチャーされたりしています。


この曲も、以前取り上げた
Black Box / Ride on Time
でサンプリングのネタに使われています。
数年前に出たこちらは
Loleatta Holloway / Love Sensation 2006 (Freemasons Club Mix)
むしろ「Ride on Time」の方のリメイクといった形ですね。



Jackie Moore / This Time Baby

Jackie Moore / This Time Baby

今回も引き続きディスコ・ヒットした曲です。


ジャッキー・ムーアはフロリダ出身のヴォーカリストです。基本的にはUS南部らしい泥臭いサザン・ソウル系のシンガーらしいんですが、ダンス・ミュージック方面ではディスコ・ブームの時代にヒットしたディスコ系の曲で知られていますね。


この曲もディスコ系のプロデューサーが手がけたヒット・ナンバーで、パワフルなヴォーカルがディスコ・サウンドにハマっています。

ちなみに数年前にヒットしたハウスの曲
Freemasons feat. Amanda Wilson / Love on My Mind
この曲にサンプリングのネタとして使われていましたね。



Jocelyn Brown / Somebody Else's Guy

Jocelyn Brown / Somebody Else's Guy (Club Mix)

今回もディスコ系から1曲。


ジョセリン・ブラウンはUS出身のヴォーカリストです。ディスコ時代から主にダンス・ミュージックを中心にした活動で知られていて、最近でもNYなどのハウスのアーティストにフィーチャリングされたりしている現役アーティストですね。


以前にも取り上げたMusiqueにもヴォーカルで参加していますし、他にも様々なディスコの曲に起用されていますが、この曲は珍しく自分の名義で出した曲です。



Norma Jean / Saturday

Norma Jean / Saturday

引き続きディスコ系の曲を挙げます。


ノーマ・ジーンはUS出身のヴォーカリストです。以前取り上げたChicの元ヴォーカリストだったんですが、バンドから独立してソロ・デビューしました。


この曲もシックのナイル・ロジャース&バーナード・エドワーズがプロデュースしていて、いかにもなディスコ・ナンバーになっていますね。



Black Ivory / Mainline

Black Ivory / Mainline

今回はディスコ系の曲でも。


ブラック・アイヴォリーはNY出身のR&Bグループです。
以前に取り上げたMusiqueのプロデューサー、パトリック・アダムスが発掘した3人組グループなんですが、デビューして数年後にリロイ・バージェスが脱退して2人組になっています。
当時の流行に合わせて音楽的にはディスコのスタイルで知られていますね。


この曲は当時すでに脱退していたリロイの提供曲で、リロイとアダムスによるディスコ系のツボを押さえたアレンジで人気のある定番曲です。



Letta M'Bulu / What's Wrong with Groovin'

Letta M'Bulu / What's Wrong with Groovin'

ちょうどワールド・カップも盛り上がってますし(笑)アフリカつながりでこちらを。


レッタ・ムブールは南アフリカ出身のジャズ/ソウル・シンガーです。
まだ南アフリカがアパルトヘイト(人種隔離政策)をとっていた時代なので、アメリカに移住して主にジャズ・ミュージシャンと組んで活動しました。


この曲はダウンテンポのジャジー・ソウルといった感じの始まりから、サビでハイテンポのボサ系ビートに切り替わるのが印象的ですね。



Jay Dee(J.Dilla) / Think Twice

Jay Dee(J.Dilla) feat. Dwele / Think Twice

前回と同じ「ジェイディー」つながりということで 笑


こちらのジェイ・ディー(J.ディラ)はUS、デトロイト出身のヒップホップのアーティストです。
3人組グループ、スラム・ヴィレッジでデビューした後、ソロになってからリミックスやプロデュース業で活躍しましたが、若くして病死してしまいました。

元々テクノかエレクトロもプレイしていたらしいので、当時のヒップホップにしては打ち込みっぽい、硬質で重いビートが特徴だと思います。
この曲でもジャズやソウル系の柔らかい上モノに硬めのビートを合わせています。

ちなみにこれはカバー曲で、オリジナルはドナルド・バードのこちら
Donald Byrd / Think Twice
マイゼル・ブラザーズがプロデュースしたフュージョンの曲ですね。



Organized Konfusion / Walk into the Sun

Organized Konfusion / Walk into the Sun

90年代のヒップホップからもう1曲挙げます。


オーガナイズド・コンフュージョンは、アングラながらラップのスキルの高さで注目されたMC2人組のユニットです。
トラックの方も初期はセルフ・プロデュース中心で、ジャズやファンクをサンプリングのネタに使っています。


この曲は活動初期の曲なので、比較的テンポ早めで派手な曲調ですね。
ちなみにサンプリングの元ネタはアース、ウィンド&ファイアーのこの曲
Earth, Wind & Fire / Runnin'



Pete Rock & CL Smooth / They Reminisce Over You (T.R.O.Y.)

Pete Rock & CL Smooth / They Reminisce Over You (T.R.O.Y.)

今回も引き続きヒップホップです。
かなり古いんですがクラシックな1曲ということで。


ピート・ロック&CLスムースは90年代のヒップホップの代表的なアーティストですね。
ジャズ・ネタのサンプリングを生かしたピート・ロックのトラックに、名前通りにスムースなCLスムースのラップが乗るスタイルです。


この曲はこのコンビの曲の中でもわりと古い方なので、他の代表曲より派手めな曲調ですね。
ホーンに使われているサンプリングの元ネタはこちら
Tom Scott / Today

イントロで少しだけ使われているのはこちら
The Beginning of the End / When She Made Me a Promise



calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM